部品交換をしたスマホの売却

部品交換をしたスマホの売却

部品交換をしたスマホの売却 液晶や他の場所の部品を交換したスマホは未使用品として売却できる場合があります。
元々スマホは少し壊れていても買い取り専門店での売却が可能であり、比較的新しい機種であれば壊れていても高値で売却できることもあるのです。
なので部品交換した製品であれば確実に売却することができます。

メーカーによっては修理サービスとして本体の外装交換を行えるところもあります。
この方法は外装の古い部分を取り換えて、新品同様に修理するものです。
画面のフィルムも購入時のように貼ってもらえるので見た目がかなり良くなります。
代金は5千円程度かかりますが、利用することによって新品の端末として売却可能な店舗も増えます。

スマホは古い機種ほど売却ができなくなるといわれています。
壊れていても部品を修理することにより高値で売却できる確率が高くなるのでスマホを買い換えたいから古いものを少しでもお金にしたいのであれば多少出費がかかっても修理を考えるとよいでしょう。

スマホをリサイクルしたいなら店頭に持っていくのがオススメ

スマホをリサイクルしたいなら店頭に持っていくのがオススメ 利用していないスマートフォンは、リサイクルに出しましょう。
ゴミとして廃棄するのは良くありません。
ゴミとして捨てると大事な資源が無駄になるためです。
スマホの中には希少な金属がたくさん詰まっています。
レアメタルとも呼ばれ、素人目には分かりにくいですが、地球上に限りある資源を有効に活用するためにも、リサイクルに出す方がエコです。

リサイクルの窓口は色々とありますが、信頼性の面ではリアルの店頭に持っていくのがオススメです。
世間的にも有名なお店で、スマホの無料回収を行っています。
普段からよく利用する有名店であれば、個人情報の面でも一安心です。

お店によっては古いスマホでも買取してくれます。
素人の感覚では少し不思議に思いますが旧型のスマホとっても、中にはレアメタルが大量に含まれており、有り体に言えば旧型の本体自体は価値がつかなくても、希少な金属の価値が高く査定されます。
そのため店頭に持ち込めば良いお小遣いになります。